• RADIO
      311
    • 誰かが苦しいとき
      自分を犠牲にして
      与えることのできる者が
      「英雄」

      誰かが苦しいとき
      今の自分を守り
      明日の自分に備えるのは
      「人間」

      僕らの多くは
      「人間」なんだと思う

    • 日時:2016/3/3-3/6
    • 場所:東京藝術劇場
      シアターイースト
    • 脚本・演出:梶原涼晴
    • RADIO
      311
    • 誰かが苦しいとき
      自分を犠牲にして
      与えることのできる者が
      「英雄」

      誰かが苦しいとき
      今の自分を守り
      明日の自分に備えるのは
      「人間」

      僕らの多くは
      「人間」なんだと思う

    • 日時:2016/3/3-3/6
    • 場所:東京藝術劇場
      シアターイースト
    • 脚本・演出:梶原涼晴
    • Kamakaji
      Lab
    • Ain't no entertainer
      but the artist.

      Est. 2007
      in New York.

    • THE LAST SONG
      〜命の行進曲〜
    • 1940年代初頭
      太平洋戦争の頃
      例えば熱を帯びた魂は
      どこまでも
      日常に憧れた

      そして例えば
      誰かが愛を
      誰かが夢を
      誰かが友情を
      誰かが命を
      叫んだ

      そして例えば彼らは
      右も左もなく
      ただまっすぐに歌った

    • 日時:2015/8/15-8/17
    • 場所:銀河劇場
    • 脚本・演出:梶原涼晴
    • 公演終了
    • THE LAST SONG
      〜命の行進曲〜
    • 1940年代初頭
      太平洋戦争の頃
      例えば熱を帯びた魂は
      どこまでも
      日常に憧れた

      そして例えば
      誰かが愛を
      誰かが夢を
      誰かが友情を
      誰かが命を
      叫んだ

      そして例えば彼らは
      右も左もなく
      ただまっすぐに歌った

    • 日時:2015/8/15-8/17
    • 場所:銀河劇場
    • 脚本・演出:梶原涼晴
    • 公演終了
    • THE LAST SONG
      〜命の行進曲〜
    • 1940年代初頭
      太平洋戦争の頃
      例えば熱を帯びた魂は
      どこまでも
      日常に憧れた

      そして例えば
      誰かが愛を
      誰かが夢を
      誰かが友情を
      誰かが命を
      叫んだ

      そして例えば彼らは
      右も左もなく
      ただまっすぐに歌った

    • 日時:2015/8/15-8/17
    • 場所:銀河劇場
    • 脚本・演出:梶原涼晴
    • 公演終了

Ain't no entertainer but the artist.

Est. 2007 in New York.

- Stages -

- GROUP THEATRE 第3回本公演
『二十日鼠と人間~Of Mice and Men~』 -

1930年代、大恐慌時代のカリフォルニア州。いつか自分たちの農場を持つという夢をもつ出稼ぎ労働者、ジョージとレニーはいつも共に行動している。しかし、頭の回転が悪い大男のレニーがいつも問題を起こすためひとつの場に居つくことができず、数々の農場を渡り歩くはめになる。

そんな2人がたどり着いた新たな働き口で、働き者で賢いスリム、ボスの息子のカーリー、美しさと美貌を兼ね備えるカーリーの妻、下品で無神経なカールソン、多額の貯金を持つ片手が無く孤独な老人キャンディー、黒人であるがために賢くとも馬小屋に住まわされているクルックス等に出会い、生活を共にしてゆく。

ジョージはいつもレニーに彼の夢を語っていた。そしてある日、キャンディーの右手を失った際の資産によって、ジョージとレニーの夢が現実味を増す。しかし夢の実現を前に、2人に悲劇が訪れる・・・。ノーベル文学賞受賞作家、ジョン・スタインベックが初めて舞台の戯曲として取り組んだと言われている不朽の名作。

詳細情報

- 命の三部作完結編
「THE LAST JOURNEY ~命の使途~」 -

時は現代。老衰し、死に向かっていた久松は、かつて彼が銃殺した石松の亡霊と出逢い、最後の使命を伝えられる。その使命とは、「人類を救う」こと。そしてあろうことか久松は石松の指揮のもと、地球防衛軍のごとく行動を起こすのだった。

次の戦争を前にした猶予期間とも言える現代、平和に対してあまりに不感症となってしまった私たちへ。命の三部作完結編 Kamakaji GROUP THEATRE 「THE LAST JOURNEY ~命の使途~」。

詳細情報

高橋ひろし

今このコメントを書いている段階ではまだどんな作品になるのか完全には見えていません。戯曲にかかれてあるセリフのその奥にまだもっと何かあるような。一生懸命追いかけてます。さてどうなりますか。最後までお見届けくださいm(__)m

仮屋ルリ子

起こらないであろうと思っていた事が毎年、起こっている今‼2016年も残すところあとわずかとなりましたが、この中野の小さな劇場から私達の全身全霊でお送りする、命の三部作完結編「THE LAST JOURNEY 」が皆様の心に何か何か残す事が出来ればと。

遠海まりこ

もし、空を見上げて、ミサイルが飛んできたら…どうする?逃げても間に合わないとする…あなたなら、どうしますか。私は…私も愛する人と一緒にいたい。愛する人と一緒に、真っ黒な空になる前に、青く澄んだ空を、この目に焼きつけて…同じ瞬間にその人と死ねるなら、幸せなんだろうなぁって。そんな気がする。でも…なんか恐いんだよね。傷つくのが。ずっと一緒にいたいなんて言ったら笑われそうで。ダッサイね。でも、死んじゃったら素直になれなかった自分に後悔しちゃうんだろうなぁ。

小松凖弥

この作品は登場人物全員が魅力的で、大切なことを訴えかける熱を帯びた作品です。そして、僕の役者人生に大きな影響を与えてくれる作品だと日々感じています。稽古を重ねるごとに幾度となく訪れる課題は今の自分にとって時に難解です。しかし、一つずつクリアするごとに見えてくる景色は今までのものとまるで違います。きっと僕に限らず観客の皆さんにも何かを持ち帰っていただける作品になると思いますので、ぜひ最後まで楽しんでご覧ください!

- Mambers -

  • 梶原 涼晴
    Ryosei Kajiwara
    1996年~2006年の10年間に亘り広告代理店で営業経験を積んだ後、単身渡米。マーロン・ブランド、ロバート・デ・ニーロらを輩出した演技学校の殿堂「ステラアドラースタジオ」にて2年間に亘り演技を学ぶ。

    続きを読む >>

  • 北見 翔
    Sho Kitami
    高校卒業後、役者を目指し俳優の専門学校へ入学。3年間そこで演技を学び、その在学中に主催梶原涼晴に出会う。専門学校卒業後、KamakajiLabの魅力に惹かれ舞台の道へ。

    続きを読む >>

  • 金澤 健太
    Kenta Kanazawa
    大阪芸術大学舞台芸術学科に入学し芝居を始める。その後舞台を中心に俳優活動を続ける。上京してアクターズクリニックに通い始め主宰梶原氏と出会う。アクターズクリニック卒業後、GROUP THEATREの旗揚げに参加し劇団員となる。

    続きを読む >>

  • 小池 利一
    Kenta Kanazawa
    大学在学中、役者という職業に惹かれ、演技を学ぶためアクターズクリニック大阪校に入校。そこで主宰梶原涼晴に出会い、『RADIO311大阪公演』(2014年)にて初舞台を踏む。

    続きを読む >>

  • 杉渕 優志
    Katsuji Sugibuchi
    高校卒業後、役者を目指し俳優の専門学校へ入学。2年間そこで演技を学ぶ。在学中に主宰梶原涼晴に出会う。専門学校卒業後、自身の芝居の幅を広げるべく、劇団スーパーエキセントリックシアターの研修生として演技を学ぶ。その後、KamakajiLabに魅力を抱き、門を叩いた。

    続きを読む >>

- Movies -

  • 舞台「RADIO311」告知映像(Aキャスト)

  • "THE LAST SONG" PR-MOVIE FINAL

  • 梶原涼晴インタビュー@「エレファントマン」

- Topics -

  • Comming Soon !!
  • Comming Soon !!

  • Kamakaji公式サイトがオープンしました。今後のお知らせやトピックに乞うご期待くださいませ。.........続きを読む

- Information -

  • DREAM SEEDS.LLC
  • ADDRESS:東京都渋谷区代々木1-31-15 B1
  • TEL:03-6383-4773