梶原涼晴
Ryosei Kajiwara

現在に至り、Kamakaji Lab はひたすらに自身の創作欲に任せてプロデュース公演を続けて参りましたが、いよいよ来春、多岐にわたるな創作活動や、かけがえのない劇的時間を共有していけるメンバーを新たに募り、「グループシアター」を立ち上げることを決意いたしました。

これにより、当カンパニーの規模は加速度的に大きくなるかと思いますが、今まで追求してきた方向性はそのままに、さらに進化を続けて参りますので、引き続きご指導、ご支援の程、宜しくお願いいたします。

- History -

1996年~2006年の10年間に亘り広告代理店で営業経験を積んだ後、単身渡米。マーロン・ブランド、ロバート・デ・ニーロらを輩出した演技学校の殿堂「ステラアドラースタジオ」にて2年間に亘り演技を学ぶ。

ニューヨーク滞在中オフオフブロードウェイでのプロデュース舞台公演等、アーティストとしての活動を経た後に日本に帰国。

日本では個人的な活動母体でしかなかったKamakaji Labを、2012年には舞台演劇のプロデュース母体として旗揚げ、現在に至る。

- Appearance -

  • 「HOME」(作・演出/The Independent Theater NY)
  • 「Girls be ambitious!」(演出/渋谷TAKE OFF 7)
  • 「彩虹橋」(音楽劇)(作・演出/上海万博・神戸朝日ホール)
  • 「KRAPP2042」(演出/WOODY THEATRE他)
  • 「HIKOBAE」(作・演出/Alvin Ailey Theatre NY・国連オーディトリアム・天王洲銀河劇場、他)
  • 「カッコーの巣の上で」(演出/WOODY THEATRE)
  • 「RADIO 311」(演出/WOODY THEATRE)
  • 「THE ELEPHANT MAN」(演出/WOODY THEATRE)
  • 「THE LAST SONG~命の行進曲~」(演出/伝承ホール・天王洲銀河劇場)
  • 「THE LAST WORDS~命の行方~」(演出/WOODY THEATRE)、等。

- Performance -

- Topics -

  • Comming Soon !!
  • Comming Soon !!

  • Kamakaji公式サイトがオープンしました。今後のお知らせやトピックに乞うご期待くださいませ。.........続きを読む