- Stages -

- RADIO 311 -

例えばその時、津波の届かなかった東京に、負けっぱなしの青年がいた。

例えばその時、放射能が届かなかった北陸に仕事一筋の男がいた。

そして例えば、津波に奪われた命が青年に言葉を残し、男に希望を託した。

梶原 涼晴
- 役

お客様に割いていただくお時間お手間にお応えできるよう、さらには劇場の名に恥ずかしくないよう、心を込めて取り組んでいく所存です。

北見 翔
- 役

来年で5周年を迎えます。しっかりと責任を持ってこの作品と向き合いたいと思っています。

THE LAST SONG
〜命の行進曲〜

1940年代初頭、太平洋戦争の頃。極端な非日常の時代に、例えばあくまでも日常を憧れ、愛を、夢を、友情を、命を、叫ぶ若者達がいた。

ひとりひとりの命の叫びは、アヴェマリアの調べにのって象徴的に切り取られ、ある日の日常へと昇華する、フィクションコラージュ。

春川 恭亮
磯野 正吉 役

I am LOVE. We are LOVE. This is LOVE.
戦後70年、現実と夢をお伝えできることをこころより光栄に思います。温かい愛が皆様の胸に届くことを願っています。

遠海 まりこ
小泉 良子 役

愛すること、それはきっと難しくもあり、でも実は簡単なことなのかもしれない。愛し方、それを知ることができたら、きっと人は人に優しくなれる。この作品は、その愛し方を教えてくれる作品かもしれません。

- THE LAST WORDS -
〜命の行方〜

私たちは、精霊たちの生への憧れで敷き詰められた大地に立ち、民族の違いを、宗教の違いを、言葉の違いを、価値観の違いを、国の違いを、ヒステリックに嫌い、再び負の歴史を繰り返しつつある。

憎しみはさらなる憎しみを生み、報復は新たな報復を生む。どうしたら、人は優しくなれるのか―

山田 将伍
リ 役

「優」という字は、「憂い」と人を表すにんべんとで成り立っています。誰かが辛いとき、悲しいときに寄り添おうと思えば、人は優しくなれるのでしょう。そして、それはきっと易しいことです。

田谷野 亮
若年キム 役

人はみな、自分と同じではなく違うのです。その違いを認めて初めて、違うことに価値が有ること、尊敬があることに気づけると思います。そして、それぞれの価値観で力を合わせると、どこまでもいける仲間と出会える、そんな気がします。

The Elephant Man

私たちは、精霊たちの生への憧れで敷き詰められた大地に立ち、民族の違いを、宗教の違いを、言葉の違いを、価値観の違いを、国の違いを、ヒステリックに嫌い、再び負の歴史を繰り返しつつある。

憎しみはさらなる憎しみを生み、報復は新たな報復を生む。どうしたら、人は優しくなれるのか―

岩田知幸
岩田知幸 役

「彼らは部屋にある壊れかけのラジオが時折報じる震災関連の情報にかじりつく。」「時折報じる震災関連の情報にかじりつく。」

岩田知幸
岩田知幸 役

「彼らは部屋にある壊れかけのラジオが時折報じる震災関連の情報にかじりつく。」「時折報じる震災関連の情報にかじりつく。」

KRAPP 2042
甘美堂凱旋企画 年忘れ一人芝居

1940年代初頭、太平洋戦争の頃。極端な非日常の時代に、例えばあくまでも日常を憧れ、愛を、夢を、友情を、命を、叫ぶ若者達がいた。

ひとりひとりの命の叫びは、アヴェマリアの調べにのって象徴的に切り取られ、ある日の日常へと昇華する、フィクションコラージュ。

梶原 涼晴

「彼らは部屋にある壊れかけのラジオが時折報じる震災関連の情報にかじりつく。」「時折報じる震災関連の情報にかじりつく。」

KAKKO
Kamakaji Lab 旗揚げ公演

聞こえるかこの滝の音が。鮭のはねるのが見えるか。山頂から吹いてくる風が雪の匂いを運んでくるのを感じるか。

お前はまだ この音を この匂いを この景色を 失ってはいないんだ 自然は誰にでも厳しく 優しく 平等だ
お前の行く先であり 戻る場所だ
ときが来たんだ お前がお前に戻るときが

梶原 涼晴

「彼らは部屋にある壊れかけのラジオが時折報じる震災関連の情報にかじりつく。」「時折報じる震災関連の情報にかじりつく。」